ギタリストの使用機材を考える

andymoriの小山田 壮平の使用ギター、アンプ、エフェクターなどの機材の紹介やレビューを掲載しています。

【andymori】

andymori

andymoriとは

Gt&Vo : 小山田 壮平

Ba : 藤原 寛

Dr : 後藤 大樹

 2007年に早稲田大学の3人で結成されたandymori。iTunesの2010年ブレイクが期待できる新人アーティスト10組「iTunes Japan Sound of 2010」に選ばれたほどで、他とは何か違う、と思わせるような無茶な感じと激しさと切なさを兼ね備えたようなロックをやっています。くるりの岸田さんも、「最近の若いバンドとは違う、もっと先を見ているバンド」と賞賛しています。
残念ながら、2010年の11月をもって、ドラムの後藤さんの脱退が決まりました。
 機材については、なんといっても特徴的なGibson ES-335。わりかしクリーンな音と、クランチ気味の歪みを使い分けているようです。とにかく歪みをコントロールすること!に尽きますね。

【使用機材】【エフェクター】

小山田 壮平
■ギター: 
   ・Gibson ES-335 Dot Plain(サンバースト)
基本的にはGibson ES-335 をもっぱら使っています。他のギターを使っているところは見たことないですね。


■アンプ: 
   ・Fender Reissue Blues DeVille 410
一番よく使っている、PVなどにも登場するFenderのツイードアンプは、おそらくブルースデビルでしょう。
PVなどや、たまにライブでVOX AC-30や、ROLAND JC-120や、Fenderのコンボアンプを使っていることもあります。


■エフェクター: 
   ・BOSS TU-2(チューナー)
   ⇒BOSS DS-2(ターボディストーション)
   ⇒BOSS BD-2(オーバードライブ)
   ⇒MXR micro amp(ブースター)
   ⇒黒い箇体の3ノブのコンパクトエフェクター(不明)

基本セッティングは以上のような感じです。
DS-2とBD-2で歪みを使い分けて、ソロなどでmicro ampを踏む、といった使い方でしょうか。
最後に黒いエフェクターをつないでいるんですが、何かは分かりませんでした。
"Life is Party"で使うような、ディレイ系でしょうか?

"FOLLOW ME"のPVなどでは、
   ・IBANEZ TUBE SCREAMER チューブスクリーマー TS808(オーバードライブ)
なども登場します。

【リンク】

 ◆andymori OFICIAL WEB SITE
 ◆andymori - Wikipedia
 ◆Yahoo!ミュージック - andymori
 ◆BARKS - andymori

ファンサイト

Copyright (C) by ギタリストの使用機材を考える. All Rights Reserved.