ギタリストの使用機材を考える

Arctic MonkeysのAlex Turner(アレックスターナー)の使用ギター、アンプ、エフェクターなどの機材の紹介やレビューを掲載しています。

【Arctic Monkeys】【アークティックモンキーズ】

Arctic Monkeys

Arctic Monkeysとは

Gt&Vo : アレックス・ターナー(Alex Turner)

Gt : ジェイミー・クック(Jamie Cook)

Ba : ニック・オマリー(Nick O'Malley)

Dr : マット・ヘルダース(Matt Helders)

 近年のUKシーンで一番の成功を収めているバンド、Arctic Monkeys。オルタナ、パンク、ガレージなどの要素を混ぜたようなサウンドに、シニカルな歌詞が特徴的です。
 機材については、ギターサウンドや雰囲気などはWhite Stripesに似ている感じがします。基本的にはFenderのシングルコイル系のギターを使用していますね。

【使用機材】【エフェクター】

アレックス・ターナー(Alex Turner)
■ギター: 
   ・Fender Bronco(ブラック)
現在のメインギターで、レアモノらしいです。
ムスタングボディにピックアップひとつ。
   ・Fender Stratocaster(ホワイト)
昔のメインギター。

■アンプ: 
   ・VOX AC-30
現在のメインアンプです。
   ・Orange AD-30
昔のメインアンプはオレンジだったようです。

■エフェクター:
   ・Pro Co RAT2(ディストーション)
昔からRAT2を二つ使っているそうです。これにより激しいサウンドをコントロールしているのでしょう。
昔はほぼこのラットとアンプのみで音を作っていたようです。
現在でもラットを二つ積んでいるようですが、最近はチューブスクリーマーで音をメインで作っているようです。
   ・IBANEZ TUBE SCREAMER チューブスクリーマー TS808(オーバードライブ)
   ・Hughes & Kettner Tube Rotosphere(ロータリースピーカーシミュレーター)
   ・Danelectro Reel Echo(テープエコーシミュレーター)
   ・Electro-Harmonix Deluxe Memory Man(アナログディレイ/コーラス/ヴィブラート)
   ・BOSS LS-2(ラインセレクター)
   ・BOSS TU-2(チューナー)
   ・Dunlop DC Brick Power Supply(パワーサプライ)

非常にシンプルな構成ですね。
シングルコイルのギターをいかにかっこよく鳴らせるか、というところにアークティックモンキーズサウンドは凝縮されているのではないでしょうか。

【リンク】

 ◆Arctic Monkeys OFICIAL WEB SITE
 ◆Arctic Monkeys - Wikipedia
 ◆Yahoo!ミュージック - Arctic Monkeys
 ◆BARKS - Arctic Monkeys

ファンサイト

Copyright (C) by ギタリストの使用機材を考える. All Rights Reserved.