ギタリストの使用機材を考える

Oasis ノエル・ギャラガーの使用ギター、アンプ、エフェクターなどの機材の紹介やレビューを掲載しています。

【Oasis】【オアシス】

Oasis オアシス とは

Vo (Gt,Tamb) : リアム・ギャラガー Liam Gallagher

Gt (Vo) : ノエル・ギャラガー Noel Gallagher

Gt (Key,Harmonica) : ゲム・アーチャー Gem Archer

Ba : アンディ・ベル Andy Bell

Dr : クリス・シャーロック Chris Sharrock

(〜 '08 Dr) : ザック・スターキー Zak Starkey
(〜 '04 Dr) : アラン・ホワイト Alan White
(〜 '99 Gt) : ポール・ "ボーンヘッド" ・アーサーズ Paul "Bonehead" Arthurs
(〜 '99 Ba) : ポール・ "ギグジー" ・マッギーガン Paul "Guigsy" McGuigan
(〜 '95 Dr) : トニー・マッキャロル Tony McCarroll

 現代のビートルズとも称され、近年の英国を代表するロックバンド。 CDのトータルセールスは5,000万枚を超えるOasis。Oasis の音楽は、正統派の歌モノロックで、ロック好きでなくとも聴きやすく、また、コアなファンも数多くいます。バンドの核である、ギャラガー兄弟の不仲はたびたびうわさになっており、ついに、2009年に、ほとんどの曲の作詞作曲を担っていたノエル・ギャラガーが脱退してしまいました。
 最近では、映画『BECK』の主題歌としても彼らの代表曲である"Don't look back in anger"が起用されたりしていました。
 機材に関しては、ビートルズに影響を受けているようなサウンドを好んでいますね。ギターも、Epiphoneの Sheratonなどが代名詞になったりもしています。最近ではFenderのギターなども使っていたようですね。

【使用機材】【エフェクター】

Noel Gallagher ノエル・ギャラガー
 <初期 1994年頃>
■ギター: 
   ・Vintage V100 Les Paul-style Flame Maple(Cherry Sunburst)
   ・Tanglewood TSB59(ebony)
激安メーカーのVintageではなく、海外製のメーカーみたいですね。Epiphoneと同じ工場で作られてるとか。
Tanglewoodも、海外メーカーですね。
   ・Epiphone Les Paul Standard(Cherry Sunburst)
   ・Gibson Les Paul(Cherry Sunburst)
   ・Gibson Les Paul Custom(Black)
   ・Epiphone Riviera late 70's(Wine Red)
初期の初期はヴィンテージ、エピフォン、ギブソンなどのレスポールを愛用していましたが、すぐにセミアコースティックタイプのギターにシフトしていきました。
後期にいたるまで、ノエルはセミアコを愛用しています。
ちなみに、ライブでは使用していませんが、スタジオではGibson ES-335(red)、Rickenbacker 330(Jetglo)や360なども使用しています。

■アンプ: 
   ・Marshall MG50FXもしくはMG100HFX(アンプヘッド)
   ・VOX AC-30(コンボアンプ)
のセットを使うか、
   ・Marshall JCM900 100W(アンプヘッド)
   ・Marshall 1960A & Marshall 1960B 4x12(アンプキャビネット)
というマーシャルセットを使用していたようです。

■エフェクター: 
   ・BOSS RE-20(テープエコー)
   ・VOX WAH V847(ワウ・ワウ)
   ・Ibanez Tube Screamer チューブスクリーマー TS9(オーバードライブ)
   ・BOSS DD-3(ディレイ)
たまに、下記のエフェクターも使用していたようですが、あまり参考にはならないでしょう。
   ・BOSS CS-3(コンプレッサー)
   ・BOSS SD-2(オーバードライブ)

 <1995年〜2000年頃>(変更点、追加で使用し始めた機材のみ記載)
■ギター: 
   ★Epiphone Sheraton Union Jack
ノエルといえばユニオンジャックのシェラトン!このころから使い始めているようです。
   ・Gibson Firebird
   ・60's Epiphone Sheraton

■アンプ: 
   ・ORANGE OVER DRIVE OTR 120(アンプヘッド)×2
   ・ORANGE 4x12(アンプキャビネット)×2
オレンジのアンプもこのころから使い始めるようになりました。

■エフェクター: 
   ・e-bow(イーボウ)
   ・Coloursound Tone Bender(ファズ)

 <2000年頃〜>(変更点、追加で使用し始めた機材のみ記載)
■ギター: 
   ★Gibson ES-335 with Bigsby(Cherry)
現在のメインギター。
   ・Gibson Les Paul Florentine(Silver)
   ・Gibson Trini Lopez
   ・Rickenbacker 330(Mapleglo)
   ・Fender Telecaster

■アンプ: 
スプリッターを通して、2セットのアンプを鳴らしています。
   ・VOX AC-50(アンプヘッド)
   ・Fender Blues Junior(コンボアンプ)
   ・Marshall 1960A 4x12 Celestion G-12's(アンプキャビネット)
というセットと、
   ・ORANGE OVER DRIVE OTR 120(アンプヘッド)
   ・Fender Blues Junior(コンボアンプ)
   ・Marshall 1960AC 4x12 Celestion G-12's(アンプキャビネット)
というセットの2セットです。
最近では、Fender Blues Junior と、Hiwatt Celestion Loaded 4x10" + 1x15" Cab をあわせて使っているようです。

■エフェクター: 
もはや機材が多くなりすぎて、頻繁にセッティングを変えているので、完璧にノエルのセッティングを真似るのは不可能かもしれませんが、よく使われるセッティングを参考にしていきたいと思います。
   ●VOX WAH V847(ワウ・ワウ)
     (後々、JIM DUNLOP CRYBABY 535Q WAHに変更。)
   ⇒BOSS Harmonist HR-2(ピッチシフター)
     (後々、使用しなくなります。)
     (⇒後々、ANALOG.MAN King Of Tone(オーバードライブ)を追加。)
   ⇒Ibanez Tube Screamer チューブスクリーマー TS9(オーバードライブ)
   ⇒DANELECTRO DAN-ECHO(ディレイ)
     (後々、   ・BOSS DD-6 high cut mod(デジタルディレイ)に変更)
   ⇒BOSS PN-2(トレモロ)
   ⇒BOSS LS-2(ラインセレクター)
     ⇒BOSS RE-20(テープエコー)⇒LS-2へループ
       (後々、Line6 ECHO PRO に変更。)
   ⇒SIB! ECHODRIVE(ディレイ)
   ⇒BOSS RV-3(リヴァーブ/ディレイ)
     (後々、使用しなくなります。)
   ⇒WAY HUGE AQUA-PUSS(ディレイ)
     (後々、使用しなくなります。)
   ⇒HUGHES & KETTNER ( ヒュースアンドケトナー ) / TUBE ROTOSPHERE 2(ロータリースピーカー)
⇒ラックへ
   ⇒KORG DTR-1
   ⇒コンプレッサー
   ⇒TC ELECTRONIC 2290(ディレイ)

その他、下記のエフェクターも追加で使用しているようです。
   ・ANALOG.MAN Mini BiComp(コンプレッサー)
   ・LINE6 DL4 Delay(ディレイ)
なども使用。

 <アコースティックギター>
   ★Gibson J-200
   ★Gibson J-150
   ・Gibson J-45
   ・Gibson L-200
   ・Epiphone Custom EJ-200
   ・Epiphone Frontier
   ・Takamine EF-325SRC
   ・Takamine FD-460SC
   ・Takamine EG 335 12-string
   ・Takamine NV360S
   ・Guild 12-string

 <その他>
   ・SHURE BETA 57A(ヴォーカルマイク)
   ・ERNIEBALL ( アーニーボール ) / CLASSIC REGULAR SLINKY(ギター弦)
   ・JIM DUNLOP .88mm ピック(ピック)
   ・FURMAN PL-8(パワーサプライ)
   ・El Dorado ギターストラップ(ストラップ)

時期によっても、様々なセッティングを使用していますが、セミホロウのギターにTS-9、Marshallアンプ、で基本の音を作り、(少し音色は明るめなセッティングでしょうか?)空間系で音に広がりを持たせれば、Oasisのギターサウンドに大方近づくような気がします。

【リンク】

 ◆Oasis OFICIAL WEB SITE
 ◆SonyMusic - Oasis
 ◆Oasis - Wikipedia
 ◆Yahoo!ミュージック - Oasis
 ◆BARKS - Oasis

ファンサイト

Copyright (C) by ギタリストの使用機材を考える. All Rights Reserved.