ギタリストの使用機材を考える

ギターの価格とギターの品質の関係などについてのコラムを掲載しています。

【ギターの価格について考える】

ギターの価格は様々です。
新品でも、安いものでは五千円程度から、高い物では何十万、何百万まであります。
一般的に、プロのギタリストは本体価格が五万〜数十万のギターに、ピックアップ換装、配線交換などの改造を施して使用しているケースが多いようです。
それでは、「値段が高ければ高いほど良いギター」なのでしょうか。
今回は、ギターの値段を決定する要因を考えていきたいと思います。

ギターの価格を決定する要因は、以下の通りです。

@ギターに使用される木材の価格
ギターには、様々な木材が使われます。
アルダー、アッシュ、マホガニー、メイプル、ローズウッド、etc...。
当然、木材の種類によって価格も変わってきます。
また、同じ種類の木材でも、状態、産地、強度、木目、加工性、など、様々な要因で価格は変わります。
しかし、ギターの木材に関しては「高い=良い音」というのは必ずしも当てはまりません。
木材の値段は、音と関係の無い見た目や輸送費などの要因によっても激しく変わります。(ギターの見た目は、トラ目など、気にする人は気にする要因ではありますが。)
また、音に関しても、木材によってそれぞれ音にキャラクターがあり、それを「良い音」とするかどうかは、各個人の嗜好によるものだと思います。
高級なウニよりも、マグロの方が好きな人だって沢山いるはずです。
但し、同種の木材であれば、高い方が良い場合が多いかもしれませんが、それにしても、やはり僕は好みの問題であると思っています。
安い木材には安い木材なりのキャラクターがあり、それを生かすことができれば「良い音」になるのではないでしょうか。

A使用されるパーツの価格
パーツに関しても、木材と同じく、見た目などの音と無関係な要因によって価格が変動します。
ピックアップや内部配線、電気パーツ類の良し悪しも、好みの問題になってくるでしょう。
しかし、木材よりも、価格の高い物の方が良質な場合が多いです。
なぜなら、パーツは操作性、弾き易さ、サスティン、耐久性などの要因に関わってくるからです。

B工賃
ギターの値段を決める最大の要因がこれだと思います。
現在、安価なギターは中国製や韓国製であり、大量生産可能な工場で、余った木材を使い、安価な賃金の労働者達によって製造されています。
逆に、高価なギターはアメリカなどで、熟練工による手作業により木材の選定、加工、製造、調整されています。
当然、その人件費、工賃には雲泥の差があり、また、後者の工程の方が、全てにおいて安定して良質である場合が多いです。
しかし、中国製、韓国製でも、熟練工が指導している為、粗悪なものばかり、というわけではありません。
同一モデルでも個体差は激しいですが、中にはかなり良質なものも含まれています。
料理があまり得意では無い人でも、たまに「おぉ!今日はめちゃ旨い料理が出来た!」なんてことはあるでしょう。
また、何度も書いている通り、ギターの良し悪しというのは個人の嗜好によるものですから、USA製が優れていて、JAPAN製が劣っているとか、中国製、韓国製は最悪だ、とかは一概には言えないでしょう。

C塗装
塗装には、主にポリエステル塗装とラッカー塗装の二つがあります。
他にも、オイル塗装などもありますが、主要な塗装方法はこの二つです。
ラッカー塗装になると、手間もかかり、その分ギターも高価になってしまいます。
ラッカー塗装の方が「良い音」と言われることが多いですが、それは、昔のギターの塗装がラッカー塗装であり、(当時、ラッカーは安価で扱いやすい塗料であったため)それらのオールドギター、ビンテージギターに「良い音」のギターが多いからでしょう。
確かに、音など、塗装による違いもあります。
ラッカー塗装は一般的に皮膜が薄く、ボディの鳴りを吸収してしまわないため、ポリ塗装よりも良く鳴る、と言われています。
しかし、高価で、扱いが大変で、傷などもつきやすいです。
ポリ塗装は一般的に皮膜が厚く(最近の高いギターでは、薄い皮膜のポリ塗装ギターもあるようです。)、ボディの鳴りを若干吸収してしまうようです。
しかし、安価で、扱いも楽で、丈夫です。
ラッカー塗装の方が高価ですが、ラッカー塗装を単純に「良い音」とすることは無いと思います。
ポリ塗装でも良いギターはありますし、ラッカー塗装でも鳴らないギターはある、ということです。

Dネームバリュー
ここからは、ギター本体の品質とは全く関係の無い要因になってきます。
エレキギターで言えば、FenderやGibsonなどは、エレキギターにおいて大手ブランドであり、当然その分のネームバリューがギターの価格に影響してきます。
殆ど品質に差が無いストラトキャスターでも、Fender製の七万円のものと、国産コピーの五万円のもの、どちらを選ぶか、と言われれば「Fender!」と答える人は少なく無いでしょう。
それだけ、ネームバリューによって値段は上がっているのです。
また、メーカーのネームバリューだけでなく、アーティストのシグネイチャーモデルなどにもネームバリューがあります。

E希少性、ヴィンテージ、人気
ギターは、希少性によっても値段は変わりますし、
「ヴィンテージ」なんていうまやかしの言葉によっても値段は変わりますし、
その時々での人気によっても変わります。
これらも、音とはあまり関係が無いですね。(但し、「ヴィンテージ」に関して言えば、経年変化、当時特有の木材・パーツによる音の違いはあるかもしれません。)

F中間マージン、輸送費、など
木材、パーツ、ギター本体全てにあてはまることですが、ギターは僕達の手元に届くまで、様々な経路を辿ってきます。
その中で、必ず、中間マージン、輸送費、というものが発生します。
製造元の利益、輸入元の利益、販売店の利益、輸送業者の利益、etc…。
辿る経路が多ければ多いほど、その各社の利益分がギターの価格に上乗せされていくのです。
全く同じ品質のギターであったとしても、製造販売が同じである場合と、海外製造で様々な業者を辿った場合では、価格にだいぶ差が開いてしまいます。

以上のように、様々な要因がギターの価格に関係してきます。
結論としては、「高いギターなら、良いギターであると思える確立が高い(つまり、安定して万人の嗜好に合いやすいギターである)」とは思います。
しかし、「必ずしも高ければ高いほど良いギター、というわけでは無い」、とも僕は思っています。
安いギターでも、調整、パーツ交換、音作りなどによって高いギターと遜色無い音になる、という事はザラにあります。
ただ、高いギターというのは、やはりそれだけで「良い音」と思い込めますし、大切にするでしょう。
その思い込みが精神的な満足や、ギターを練習するモチベーションに繋がるなら、それはいいことだと思います。
そこにお金を払っているんだ、と思えれば。(宝くじみたいなもんですね。)

最終的には、どんなギターでも、自分が弾き易いと思い、自分が良い音だと思い、自分が心底気に入り、自分がカッコイイと思えるギターなら、それは良いギターなのではないでしょうか。



Copyright (C) by ギタリストの使用機材を考える. All Rights Reserved.