ギタリストの使用機材を考える

NICO Touches the Wallsの光村 龍哉、古村 大介の使用ギター、アンプ、エフェクターなどの機材の紹介やレビューを掲載しています。

【NICO Touches the Walls】【ニコタッチザウォールズ】

NICO Touches the Walls

NICO Touches the Wallsとは

Gt&Vo : 光村 龍哉

Gt : 古村 大介

Ba : 坂倉 心悟

Dr : 対馬 祥太郎

 若手ロックバンドの中でも、絶大な人気を集めるニコ、ことNICO Touches the Walls。人気はじわじわと出てきていますが、あと一枚二枚、まだまだ殻を破れていない感があります。これからの成長が期待されるバンドでもあります
 機材は、一般的なエフェクターはあまり見受けられず、プロ仕様のエフェクターが多いような気がします。なかなかマネできないですね…。そういうときは、似た音のエフェクターを探して、音作りをまねるしかないですね。

【使用機材】【エフェクター】

光村 龍哉
■ギター: 
   ・Fender Telecaster(ナチュラルカラー)
   ・Fender Japan Telecaster(3トーンサンバースト)

■アンプ: 
   ・VOX AC-30
   ・Fender Twin Reverb

■エフェクター: 
   ・BOSS BD-2(オーバードライブ)
   ・Fulltone OBSESSIVE COMPULSIVE DRIVE(オーバードライブ)
   ・SIB! MR ECHO(デジタルディレイ/エコー)
   ・HONDA SOUND WORKS MAD FUZZ LIMITED EDITION(ファズ)
   ・MXR M101 Phase90(フェイザー)
   ・FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH SP-EF-02(ループスイッチングボックス)
   ・KORG DT-3(チューナー)
   ・CUSTOM AUDIO JAPAN AC/DC STATION Ver.2(パワーサプライ)

光村さん、男前ですよね…。

古村 大介
■ギター: 
   ・Fender Stratocaster
   ・Fender Telecaster Custom

■アンプ: 
   ・MATCHLESS DC-30

■エフェクター: 
   ・Providence A/B BOX(A/B BOX)
   ・Electro-Harmonix HOLY GRAIL(リバーブ)
   ・FAR EAST ELECTRIC オリジナルカスタムメイド Over Drive(オーバードライブ)
   ・HONDA SOUND WORKS MAD FUZZ LIMITED EDITION(ファズ)
   ・Demeter TRM-1(トレモロ)
   ・HONDA SOUND WORKS RVW-390(ワウ・ワウ)
   ・HONDA SOUND WORKS FAB DELAY(ディレイ)
   ・HONDA SOUND WORKS SPICE(トーンボックス)
   ・KORG Pitchblack(チューナー)


【リンク】

 ◆NICO Touches the Walls OFICIAL WEB SITE
 ◆NICO Touches the Walls - Wikipedia
 ◆Yahoo!ミュージック - NICO Touches the Walls
 ◆BARKS - NICO Touches the Walls

ファンサイト

Copyright (C) by ギタリストの使用機材を考える. All Rights Reserved.